「笑顔を作る」

 今回は「笑顔を作る」というお話を致します。

 事前面接や、地域によっては本番のお試験が始まっているところもあります。さぁ、お試験行かれる時、最終的に、お子様になにをして差し上げたら良いでしょうか?

はい、それが「笑顔を作る」・・・・作ってあげることです!

 わかっちゃいるのですが、ついつい「大きな声でお話するのよ」「先生の目を見て聞いてね」「元気にお返事しなさい」「お友達に一番に話し掛けるのよ」「お行儀よく、背筋を伸ばして、足をブラブラしちゃダメよ」「頑張ってね」等々・・・・・言いたくなります。いえ、言ってしまいますが、そこをグッと我慢して、他の言葉にすることです。

 例えば、私が「明日の本番に行く前に、何か励ましの言葉を掛けて下さい」とご父兄に依頼された時、どんな風に言うかをご紹介いたします。 面接の場合は「〇〇ちゃんの笑顔って、本当にステキよね。先生、その笑顔を見ると、何だか嬉しくなるのよ。きっとお母様やお父様も、幼稚園(保育園)の先生も、〇〇ちゃんに会った人、みーんながそう思うんじゃないかな?だから、いつもそのにこにこ笑顔をみんなに見せてあげてね」のような言葉を贈ります。

 そうすると「へぇ、そんなんだ。私(ぼく)の笑顔って、そんなに凄いんだ」と心の片隅に「笑顔」という言葉を植え付けることができます。もちろん、お子様は、知らない場所で、知らない大人に様々なことを聞かれる訳ですから、緊張して「笑顔」がすっ飛んでしまうことも多々ありますが、それでも「先生、私、最後にニコッてしてきたよ」などの報告を受けることが多いのも事実です。「あっ!笑顔」と思い出してくれたのかな?と私も嬉しくなる瞬間です。

 また、本番のお試験直前ならば「明日、とっても楽しい所に行くんですって?」(小学校に行くことがわかっているお子様には、学校名を入れます)「いいなぁ、先生も行きたいな。でもね、大人はダメなんだって、子ども達だけで、楽しいことや面白いことをするらしいのよ。いいなぁ~先生も子どもの振りして行ってみようかなぁ」・・・・・「だから、あとで何をやったか、教えてね」のような声掛けをします。

これは実際、すごく効きますよ! 

 「楽しいことをするらしい」という言葉で、ウキウキしてお試験に向かうことができます。キラキラの目のお子様が出来上がります。そして「子どもしか入れない」という言葉で、秘密っぽいワクワク感が持てます。プラス、先生やお母様に教えるんだ!というミッションを持って臨むので、とにかく先生の指示やお話をよく聞いてきます。時にはお試験の後、疲れているはずなのに「先生に教えなくっちゃ!」と電話をかけて来てくれるお子様もいるほどです。

 逆に「頑張ってね」という言葉は、励ましているようでプレッシャーを掛けているだけになる場合がありますので、慎重に使います。 ふざけるタイプのお子様には「ふざける場所ではない」ということを助言する場合もあります。

最後に「笑顔を作る」は、お母様自身のことでもあります。

 必ず「笑顔を作って」お子様を送り出して下さい。最後の最後にお子様を励ませるのは、お母様の笑顔しかありません(*^^*)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です