「親にできること」

 なんと!8月が今日で終わりです。今年は、いろいろ、ほんとにいろいろあり過ぎて、例年よりもあっという間の8ヶ月間でしたね。そして地域によっては、9月に小学校受験「本番」が始まります。

 そこで、今回は「親にできること」と称して、お話をさせて頂きます。

 願書の下書きをしたり、面接に対する準備を始める段階になり、「結局、親ができることって、これだけか」と気付く方、多いのではないでしょうか? これまで、お子様の学習や日々の生活を、本番のお試験に照準を合わせ、お子様と二人三脚、または三人四脚で、手取り足取り準備されてきたことと思います。でも、本番まであと少しのこの時期になって、ハッ!と気付くのです。「ずっと家族一緒に足を括りつけて走って来たけど、この紐は解かなければならないのよね」「いくら心配でも、試験会場に一緒について行くことってできないんだな」ってことに・・・・・。当然、以前から頭ではわかっていることなのですが、リアルに感じ、イメージできるのは、直前なんですよね。

 さぁ、それならば、親が直接、学校にアピールできることは何でしょう。そう!願書と面接の対策です。

 「先生、今まで頑張って来た子どもの足を引っ張らないように、頑張ります!」という言葉、この時期から本番まで、何度も聞きます。面接の前日に「親が頑張れるところは、ここしかないですよね」と私に言うことで確認し、気合を入れる方も大勢いらっしゃいます。(←はい、どんどん言ってきてください!)

 願書については、先日(7月)に書きましたね。参考にしていたければ、幸いです。なので今回は、面接に関して、少し助言させて頂きます。

 親の出番があるのは、「両親面接(大人のみ)」と「親子面接(ご両親とお子様orどちらか一方とお子様)」です。皆さん、面接対策の本や講習会で勉強されて、既にご存じかと思いますが、面接官(校長先生や教頭先生・面接担当の先生)は、ドアに入って来た瞬間に「どういうご家庭か?」がわかると言われています。そして、ほぼそれが全てです。逆に言えば、第一印象が悪かった場合、その後の受け答えが、どんなに上手くいったと思っても、5分から長くても10分程度しかない短い面接時間に、その第一印象で持たれたイメージを覆すことは不可能に近いといえるでしょう。それほど、入室した時の「姿・姿勢・表情・目線・挨拶・家族への細かな気配り 等」が重要なのです。

 というと、ドアをスムーズに入る方法とか、かっこよく見せる方法を研究し、そこだけを特訓するご家庭がありそうですね。そのひたむきな真面目さは、それはそれで素晴らしいと思います。でも、小手先のことではないので勘違いしないようにして下さい。 たとえ緊張して入室に失敗しても、その時のご家族の様子が、評価されるという意味です。対策としては、家族で同じ目標に向かって協力し助け合っている、互いに相手を思いやる気持ちが滲み出ている、家族仲が良い、そんな家庭を普段から感じさせる雰囲気作りをすることです。これが、どの学校も欲しがるご家庭です。

 ですから、家族団欒の時間を増やして下さいね。別にどこかに出かけるとかではなく、一緒にいて、その場が明るく楽しく安心できると感じられれば良いのです。仲良し家族になって下さい。

 

※ここからは余談になりますので、ご興味のある方のみお読みください※

「第一印象」に関してですが、皆さん「初めて会った人の印象って、どこで判断していますか?」

 人によってそれぞれ目が行くところは違うと考えますが、私は、ストレートに「体型」かな?と思うのです。いかがでしょう?  小学校受験の指導をする中で、お子様の体型について助言すること(とても言いにくいのですが)、実際に何度かあります。このまま伸び伸び育つと「肥満予備軍」になってしまうのでは?と、心配になる場合です。また、本番にその姿で行くのは、かなり危険です。なぜなら、目立つからです。私立の学校のパンフレットを見ると気付くと思いますが、そういう体型のお子様は、ほぼ写っていません。(ただ、学校の給食が美味し過ぎて、入学してから太るお子様は結構いらっしゃいます(笑)) まぁ、皆さんお子様のことに関しては、私が言わなくても気を付けているので、大丈夫なのですが、最も言い辛いのが、お母様やお父様に注意しなければならない状況の時です。出産直後のお母様に「私がこんなに太っていたら、マイナスになりますよね」と質問を受けたこともあります。(←それは例外ですね。家族欄をみれば乳飲み子がいることがわかるので、心配いりませんし、願書に書ける項目でもあります)ただ、ご両親のどちらかが、過度にふくよかな場合「良い印象では無い」と思って下さい。もし、心当たりがある方は、ダイエットした方が良いと思います。ここは、「お子様の足を引っ張らない為」にできる努力です。

 私は、7月から月1回ずつファスティングをしています。3日コースで試み、2ヶ月のトータルで4~5㎏体重が落ちました。私の場合は、ダイエット目的ではなく、身体的なデトックスと精神的な効果を期待し、その成果に自分自身驚いています。これは自己流でやってしまうと苦しいだけで危険ですし、すぐにリバウンドするので、正しいやり方を知り、専門家の元で行うことが必要になります。10月の事前面接、11月の本番に、まだまだ間に合います。そして、私のように痩せ型の人でも、心の安定や自信を持ちたいと考えている人にも、お勧めです。年長さんの親御さんでなくても、OKです。ご興味のある方は、9月に私と一緒に行うことができますので、teach@beeline-k.com までご相談下さいね!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です