「休息」

 今年は文字通りの「猛暑」となりました。「熱中症警戒アラート」なんて言葉は、去年までありませんでしたね。それほどまでに、危険な暑さということです。皆様、くれぐれもお気を付けください。

 さて、本日のテーマは「休息」です。

 もちろん、夏の暑さに負けないように、お昼寝をさせたり、睡眠時間を確保することは、お母様としてお子様にして差し上げていることと存じます。が、いかがでしょう?特に、年長さんのお母様。この夏、ちょっと無理をさせてはいませんか? 特に今年はコロナ禍で、春の期間、幼児教室等がお休みだったことを考えますと、「それはもう、今、やらなくてどうする~!」という感じで、無我夢中になっているご家庭も少なくないのでは?と心配になります。

 大手の幼児教室が近くにある駅では、必ずと言っていいほど、紺色のスーツまたはワンピースに、紺色のカバンとレッスンバッグをごっそり抱えたお母様と、真っ赤な顔をして手を引っ張られて歩いている、これまたお受験ルックのお子様を見かけます。私はそれを見た時、はじめに「大変だな~」と思い、次に「ハシゴじゃないといいな」と思います。(でも、たぶんお母様の荷物の多さから推察しますと、ほぼハシゴに間違いありません)

 いいのですよ。本番の時の練習として、午前午後でお試験に行かれる場合が実際にありますから、ここでしっかり慣らしておく必要もあると思うのです。ただ、その場合には、少し涼しいレストランでジュースでも飲んでリラックスする余裕が欲しいですよね。お子様も、ご褒美を頂いた気分になり、ご機嫌になると思います。逆に、そんなにヘトヘトで授業に参加して、何を吸収できるのかな?と疑問に思ってしまいます。ちょっとした短い時間でも、「休息」することは、良い影響があると考えています。(ただし、せっかくの憩いのひと時であるレストランで、前の授業の反省会をしないで下さいね!)

 ちょっと、私がしようと思った「休息」の話とは、ズレてしまいましたので、ここで戻します。

 今回お話しようと思ったのは、「1週間の中に、何も予定が入っていない空いている日がありますか?」という意味の「休息」です。この夏の予定もそうですし、年長さんなら9月以降のことも考えてみて下さい。今後「直前講習」「学校別授業」プラス「模擬テスト」が入ってきます。更に、お試験が早い学校では「本番」「事前面接」がありますね。その時期のスケジュール管理を、併せて考えて欲しいのです。

 夏から秋にかけて、お子様がボソっと「私、忙しくて全然休んでない」「ぼく、遊ぶ暇がないんだ」とボヤくのを、しばしば耳にします。そのことをお母様に報告すると「いいえ、昨日も公園に行って遊ばせました」「幼稚園の後、お友達と園庭で汗びっしょりになるまで遊ばせました」とおっしゃいます。その答えを聞いた時、私は『では〇曜日は空いている日なのですか?』と質問します。すると「いいえ、幼稚園の後、○○塾に行く日なので、その前に遊ばせるのですよ。」『他のお友達は?』「うちだけ、途中で連れて帰るのです」『ほぉ・・・・・。』のような会話になります。

 これってお母様は遊ばせたつもりなのですが、お子様は全然遊んだと思っていない遊んだことにならないのですよね。子どもってそういうものでしょう。特に、他のお友達がまだ遊んでいるのに、自分だけ帰るというのは、どんな気持ちだと思いますか? 1週間、塾やお稽古事に加え、土日も模擬テストなどで、休息する日が一日もないお子様は、例え大人が午前中だけ、午後だけとスケジュールを空けたとしても、全然休んだ気にはなっていないことを理解して下さい。

 これからの時期は、意識的に「この日は何も予定がない日」を作ってください。その日は、行き当たりばったりの自由な時間です。お子様がやりたいことを存分にさせて下さい。それは、今まで学習してきたことを、生き生きと出すための、大事な時間になります。なぜなら、例えば、面接の時、先にあげた「全然休んでいない」と思っているお子様のお顔と、自分の自由な時間を持っている「次の休みの日はあれをやろうかな、それともあれがいいかな」と思っているお子様の顔を思い浮かべたら、それは、どちらの方が印象が良いか、お分かりですよね。

 そういうことです!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です